LEARNIV.com  >  ja  >  英語不規則動詞  >  forgive


前回は不規則動詞 forgive


B1 翻訳: 差し許す, 聴す, 赦す

不定詞

forgive

[fəˈɡɪv]

過去形

forgave

[fəˈɡeɪv]

過去分詞

forgiven

[fəˈɡɪvn]




   
   


動詞から派生:

不定詞

過去形

過去分詞

give

[ɡɪv]

gave

[geɪv]

given

[ɡɪvn]


活用 不規則動詞 [forgive]

コンジュゲート変曲(文法の規則に従ってフォームの変化)により、その主要部分から動詞の派生形の創造です。例えば、動詞「ブレーク」、言葉の区切りを形成するために結合した休憩、壊れた、壊れ、破壊することができます。

用語の結合は、他の部分でのみ動詞の変曲に適用される、とされていませんスピーチ(名詞と形容詞の屈曲が語形変化として知られています)。また、それは、多くの場合、動詞の有限形態の形成を示すに制限されている - これらは、共役形式と呼ばれることも、ほとんどの用にマークされていない傾向があり、このような詞や動名詞などの非有限の形、とは対照的に、文法カテゴリーます。

コンジュゲートまた、特定の言語で同様のコンジュゲーションパターン(動詞クラス)を共有動詞のグループのための伝統的な名称です。言語の標準的なコンジュゲーションパターンの全てに従わない動詞があると言われる不規則動詞

  ...   ... 詳しくは

現在

I
forgive 
you
forgive 
he/she/it
forgives 
we
forgive 
you
forgive 
they
forgive 

現在継続

I
am forgiving 
you
are forgiving 
he/she/it
is forgiving 
we
are forgiving 
you
are forgiving 
they
are forgiving 

過去形

I
forgave 
you
forgave 
he/she/it
forgave 
we
forgave 
you
forgave 
they
forgave 

過去継続

I
was forgiving 
you
were forgiving 
he/she/it
was forgiving 
we
were forgiving 
you
were forgiving 
they
were forgiving 

現在完了

I
have forgiven 
you
have forgiven 
he/she/it
has forgiven 
we
have forgiven 
you
have forgiven 
they
have forgiven 

連続完璧な存在

I
have been forgiving 
you
have been forgiving 
he/she/it
has been forgiving 
we
have been forgiving 
you
have been forgiving 
they
have been forgiving 

過去完了

I
had forgiven 
you
had forgiven 
he/she/it
had forgiven 
we
had forgiven 
you
had forgiven 
they
had forgiven 

過去の完璧な連続

I
had been forgiving 
you
had been forgiving 
he/she/it
had been forgiving 
we
had been forgiving 
you
had been forgiving 
they
had been forgiving 

未来

I
will forgive 
you
will forgive 
he/she/it
will forgive 
we
will forgive 
you
will forgive 
they
will forgive 

連続将来

I
will be forgiving 
you
will be forgiving 
he/she/it
will be forgiving 
we
will be forgiving 
you
will be forgiving 
they
will be forgiving 

未来完了

I
will have forgiven 
you
will have forgiven 
he/she/it
will have forgiven 
we
will have forgiven 
you
will have forgiven 
they
will have forgiven 

連続完璧な将来

I
will have been forgiving 
you
will have been forgiving 
he/she/it
will have been forgiving 
we
will have been forgiving 
you
will have been forgiving 
they
will have been forgiving 

条件付きの
(Conditional)
不規則動詞 [forgive]

一つのイベント、プロセス、状態またはオブジェクト(Aによる影響である

因果関係には、(因果関係または因果とも呼ばれます)原因は)別のイベント、プロセス、状態や原因は効果のための部分的な原因であるオブジェクト(効果)の生産に寄与し、その効果は、原因に部分的に依存しています。一般的に、プロセスは、因果それのための要因、およびその過去のすべて嘘であると言われている多くの原因があります。効果は、順番に、他の多くの効果についての原因、または原因因子、その将来的にはすべて嘘ことができます。

条件法(略称COND)その有効性恐らくは反事実、いくつかの条件に依存する命題を表現するために、条件文で使用される文法的な気分である。

英語は、モーダル動詞限りを除いてinflective(形態学)条件法を、できたかもしれない、すべきであり、いくつかの場面で、缶の条件付きの形とみなすことができるだろうが、ものとしますそれぞれません。英語条件法(または単に条件付き)と呼ばれるものperiphrasticallyモーダル動詞を用いて形成されているだろう、次の動詞の裸不定詞と組み合わせて用いることができます。 (時折、一人称の対象となりの代わりに使用されている必要があります - 。。見るであろう。また、前述のモーダル動詞は、可能性があり、コンディショナリティーに加えて、適切なモダリティを表現するために希望置き換えることができなければならない可能性があります)。

  ...   ... 詳しくは

条件付き存在
(Conditional present)

I
would forgive 
you
would forgive 
he/she/it
would forgive 
we
would forgive 
you
would forgive 
they
would forgive 

条件付き現在進行
(Conditional present progressive)

I
would be forgiving 
you
would be forgiving 
he/she/it
would be forgiving 
we
would be forgiving 
you
would be forgiving 
they
would be forgiving 

条件付き完璧
(Conditional perfect)

I
would have forgiven 
you
would have forgiven 
he/she/it
would have forgiven 
we
would have forgiven 
you
would have forgiven 
they
would have forgiven 

条件付き完璧なプログレッシブ
(Conditional perfect progressive)

I
would have been forgiving 
you
would have been forgiving 
he/she/it
would have been forgiving 
we
would have been forgiving 
you
would have been forgiving 
they
would have been forgiving 

Subjunktiv
(Subjunktiv)
不規則動詞 [forgive]

仮定法は文法的な気分、それに向けた話し手の態度を示して発話の機能です。動詞の仮定法の形式は、通常のさまざまな状態を表現するために使用されている非現実のような:願い、感情、可能性、判断力、意見、義務、または、まだ発生していないアクション。それらが使用される正確な状況は、言語から言語によって異なります。仮定法は必ずしも本当ではありません何を参照して非現実相の気分、の一つです。それは、多くの場合、その何かを示すために主に使用される指標で、直説法と実際の文です。

このSubjunctives特にこと-節、従属節では、独占的に最も頻繁に発生し、ではないが対比されます。英語仮定法の例としては、英語で「彼女があなたの側で滞在することが重要である。」「私はあなたが注意することを示唆している」と

この仮定法はで使用される句のタイプである文章中に発見されました非現実の可能性を説明し、いくつかの状況、例えば「それは彼が早く到着することが重要です。」「それはあなたがここにいることが重要だ」と何も特別仮定法動詞形がないので、英語では、仮定法は、語形変化ではなく、構文です。むしろ、仮定法句はまた、他の構成の様々な使用される動詞の裸形を補充する。

  ...   ... 詳しくは

現在仮定法
(Present subjunctive)

I
forgive 
you
forgive 
he/she/it
forgive 
we
forgive 
you
forgive 
they
forgive 

過去の仮定法
(Past subjunctive)

I
forgave 
you
forgave 
he/she/it
forgave 
we
forgave 
you
forgave 
they
forgave 

過去の完璧な仮定法
(Past perfect subjunctive)

I
had forgiven 
you
had forgiven 
he/she/it
had forgiven 
we
had forgiven 
you
had forgiven 
they
had forgiven 

Imperativ
(Imperativ)
不規則動詞 [forgive]

が不可欠気分には、フォームのコマンドまたはリクエストます。

不可欠な気分に使用される動詞の例では、英語のフレーズであることを「行く。」文法的な気分でありますこのような要請は、(あなた)二人の対象を意味するものではありますが、いくつかの他の言語もフォームは、(「レッツ(何かを)」または「彼らは(何かを)聞かせて」の意味で、一次および第三者の要請を持っています代わりに)cohortativeとjussive呼び出される。

  ...   ... 詳しくは

Imperativ
(Imperativ)

I
forgive 
you
Let´s forgive 
he/she/it
forgive 
we
 
you
 
they
 

分詞
(Participle)
不規則動詞 [forgive]

は言語学では、分詞(PTCP)を含む完全化又は多数の時制で継続文法的側面こと準動詞の形態です。分詞はまた、形容詞または副詞として機能することができます。例えば、「ゆでジャガイモ」、で煮沸動詞沸騰、形容詞名詞ジャガイモを修飾する過去分詞です。 ぼろぼろの "私たちは、ぼろぼろ走った" でadverbially動詞RAN予選、動詞のぼろの過去分詞です。

  ...   ... 詳しくは

現在分詞
(Present participle)

I
forgiving 
you
 
he/she/it
 
we
 
you
 
they
 

過去分詞
(Past participle)

I
forgiven 
you
 
he/she/it
 
we
 
you
 
they
 











不規則動詞